体育・スポーツの基礎づくり

運動への苦手意識をなくしてあげたい! そんなきっかけで、当スクールにお越しいただく方がたくさんいらっしゃいます。学校の授業でもクラブなどのスポーツでも、不得意だと思ったことには積極的に取り組めなくなります。 いちど苦手意識を持つと、払拭するのは簡単ではありません。
ところが…
"跳び箱や鉄棒のお手本に先生から指名されるようになった"
"運動が苦手だった子が、色々なスポーツに興味を持つようになった"
"体操の時間に習ったことを、家でも自分から練習している"
そんな声が、当スクールではたくさん聞こえてきます。
理由は2つ。

体育への苦手意識がなくなる理由1

レッスンの中では、鉄棒や跳び箱、マット運動といった学校体育の種目を取り入れています。 ただ、決められた運動ができるようになるための「練習」ではありません。あくまで楽しみながら、子どもが自分から前向きに取り組めるようプログラム設計しています。

体育への苦手意識がなくなる理由2

当スクールの最も重要なコンセプト「からだ機能」は、すべての運動、スポーツの基礎となる力です。 よく表現される「運動神経がよい人」に近い概念かもしれません。 プログラムは、子どもが楽しみながら自然とからだ機能を育めるよう設計されています。それは学校の授業で行う運動や、その他さまざまの場で出会うスポーツの能力向上に大きく役立つのです。
運動の苦手意識をなくしたい!体育の成績が上がってほしい! そんな親御さんは、ぜひいちどお子さんをお連れください。苦手な種目にも楽しく取り組んでいる姿を見ていただけます。

プログラムコンセプト